先輩社員の声


平成25年入社
土木工事部 中島 僚

 

この会社を選んだ理由
 大学で土木を専攻しているうちに、社会基盤に興味を持つようになりました。みんなが通る道や橋、これらに携われることが自分にとって、やりがいと社会への貢献を実感できる仕事だと考えました。ただ作るだけでなく❝環境に調和したものを創ることで、人々が満足して暮らせることに繋がる❞との水野建設の考えに共感したことが選んだ理由です。
実際に仕事をしてみて
 自分の考えを取り入れて仕事させてくれる会社です。先輩や上司は、話しかけやすい方ばかりです。疑問に思ったり分らないことは、すぐ隣にいる仲間に聞きやすく、上司が支えてくれているとの信頼と安心感があるので、積極的に仕事をしています。
 僕は他の会社を知らないので、比べることは出来ませんが、よく一緒に仕事をする作業員の方は、「水野建設の社員は親しみやすい」と言ってくれます。

大学で学んだことが仕事で活かせた時
 技術的なことでは、レベルの光波の使い方が役に立ちました。他にも一番学んできて良かったと思ったのは、ゼミ内での話し合いです。自分の考えをうまく伝えること、人から聞いたことをまとめること、どの仕事でもそうだと思いますがこれらは学生時代にたくさん経験しておいて良かったと思います。あと、僕はCADを使った経験がありませんでしたが、簡単な操作も多く、仕事で使いながら覚えることが出来ました。
就職活動中の学生さんへ
 僕は高校も大学も通学時間が短い所を選択していて、会社を選ぶ際にも、通勤距離を重視していました。僕たち現場の人間は直接現場に通勤するので、その都度異なりますが、清須市や名古屋第二環状線の現場の時は、自宅からの車通勤もスムーズでとても通勤しやすかったです。
 最後に、この会社はとても親しみやすく若い社員を気にかけて盛り上げてくれる温かい会社です。就職活動中の皆さんは多くの企業を見て知ることが、企業選択には不可欠だと思います。大変だとは思いますが、くじけずに頑張って動いてみてください。

 

平成26年入社
土木工事部 山室起嘉

 

この会社を選んだ理由
幼い時から道路や橋などを造ることに興味を持っており、将来は自分の住んでいる愛知県で土木の仕事をしたいと思っておりました。就職活動をしている際に、長年に渡り愛知県で実績をあげている水野建設を見つけ、この会社なら自分の地元で公共構造物を造れると思い選びました。
実際に仕事をしてみて
今は仕事で分からないことが多く失敗ばかりしていますが、上司の方々が丁寧に教えてくれるので頑張っています。実際に仕事をしていると、安全管理などのために現場内の状況を細かいところまで気づく能力が大切だと思いました。そして、現場を円滑に進めるためには上司や作業員とのコミュニケーションが重要だと感じました。自分が携わった構造物を観ると、とても感動的でこの仕事を選んで良かったと感じます。
 
大学で学んだことが仕事で活かせた時
施工管理では測量学や土質学、コンクリート、水理学、構造学など大学で学んだ知識が多く出てきますが、大学で学んだ知識を全部記憶するのは至難で、自分は半分ぐらいしか記憶しておりません。しかし、なにも知らないゼロからよりも、大学で一度耳にした分だけ、上司からの説明が理解しやすく、仕事を早く理解できたと思います。

就職活動中の皆さんへ
学生の皆さんは、今一度自分の夢を再確認してみてください。何も考えず大手企業ばかり面接を受けてもうまくいかないし、不安になると思います。それより、自分のやりたいこと、こうなりたいと思う気持ちを確認することで、自然と行きたい会社が絞れますし、その会社も向けて面接練習をすることで内定をもらえる可能性も高く、時間の効率が良いと思います。